シタール 野生黒蜂蜜 ハンティングハニー 180g

クリックで画像を表示
野生黒蜂蜜 メルガートハンティングハニー
インドの自然保護区メルガートに生息する野生蜜蜂の巣から、ハニーハンターが採取した野生のハチミツです。

養蜂ではなく、野生の純粋ハチミツはたいへん希少です。

含まれる栄養素も、一般のハチミツと比べるととても高く、必須アミノ酸のメチオニンは16倍、フェニルアラニンは5.5倍。そのほかの必須アミノ酸もいずれも2~4倍も含まれています。

またエネルギーは1.1倍ながら、たんぱく質は3.5倍、カルシウムは5倍、カリウムは20倍、マグネシウムは10倍というように、非常に多くのミネラルを含んでいます。


【内容量】 180g
【原産国】 インド



蜜源は森の花
現在の主な蜜源はパラシュという花の蜜です。
パラシュはインドの伝承医学アーユルヴェーダで多くの癒し効果があると言われています。
筋肉のストレスを解消させる働きのほか、サソリにかまれた時の毒消しにも使われるそうです。
パラシュの木は、根っこから葉、花、花粉、樹皮に至るまで、いろいろな癒しに使われているそうです。
古来、蜂蜜は食べ物としてだけでなく、薬としても扱われていたことが知られていますが、それは蜜源である森の花々にそれぞれ薬効があったからなのです。

黒い蜂蜜の秘密
蜜蜂は、集めた花粉に分泌物を足して、ローヤルゼリーや自らの食物などにします。
蜜蜂は花粉のほかにも、ミネラルなど森の恵みを含んだ樹液なども採取してきます。
これが含まれたハチミツは、はじめは黄金色をしていますが、熟成するにつれて黒褐色に変わっていきます。
黒い色は、森の恵みをたっぷりと含んだ花々の花粉を取り除かずに、そのまま使っていることによります。

*:.。..。.。o○  お召し上がり方 *:.。..。.。o○
パンに塗ったり、コーヒー、紅茶の甘味として。
ヨーグルトやフルーツにかけて。
焼き菓子やサラダのドレッシングの材料として。
肉料理に使うと、酵素の働きによりお肉が柔らかくなり香りもよくなります。

*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*・・・・・・・・・・・・・・・*

紀元前から行われている伝統のハニーハンティング

野生黒蜂蜜は、インドのほぼ中央部デカン高原の奥地のメルガードで採取されています。
この地では、紀元前より原住民の少数部族の人々が、古来からの方法で野生蜜蜂の蜜を採取するハニーハンティングと農業を兼業して生活をしています。
現在のハニーハンティングは国連とインド政府が森林保護と少数部族の保護を目的に国家により推進されているフェアトレード的事業になっています。